駐車場関連

自動車事故の対処法!適切な初期対応と現場での流れを解説

車を運転する以上、交通事故のリスクは必ず抱えることになります。運転しながら事故を起こしたいと思っている方はいません。しかし自分が100パーセント注意を払っていても相手がいる場合、いつ当事者になってもおかしくないのが交通事故。
今回は事故を起こしてしまった・事故に巻き込まれてしまった場合の対処法について解説します。初期対応を間違えると必要以上に損失を被ってしまうこともあります。

事故発生時の適切な対応とフロー

①ケガ人がいないか確認→いたら救護する

事故後、ケガ人がいないか確認しましょう。ケガ人がいた場合は119番してください。
ケガ人の救護は事故当事者の義務です。
ケガ人は動かさないことが理想ですが、交通量が多い大通りなどで起こった場合は二次被害の危険もあります。119番に電話した際、どうすれば良いか聞きながら安全な場所へ移動させてください。

②警察に連絡する

警察への連絡も救護活動同様、事故当事者の義務です。
もし自分が加害者側だった場合、報告を怠ると処罰の対象になってしまいます。車を停止させ、まずは落ち着いて110番しましょう。

車の移動ですが後継車による二次被害を防ぐために走行の邪魔にならない場所へ移動させてください。車が動かせない場合は周囲の手を借りましょう。
ハザードランプ、三角表示板や発煙筒を使用して後継車に伝えます。安全確保も絶対に怠ってはいけない事項のひとつです。

③保険会社に連絡・事故報告

現場にいるうちに連絡しておくと相手の情報などもその場でわかるので後々の事故対応がスムーズになります。電話を代わって相手と話をしてもらっても良いです。

④目撃者の確認→いたら氏名・連絡先を聞く

事故内容が当事者間で不一致だった場合は、なかなか示談に至らないケースが多いです。その場合、目撃者の情報が事故解決に向けての有力な手がかりになります。目撃者がいればその場で確認、氏名や連絡先を聞いておきましょう。

⑤車が自走可能か確認→不可であればレッカー

保険会社が対応する場合が多いので相談してください。JAFに加入している場合は連絡しましょう。

⑥事故後、少しでも体調に異変を感じたら病院へ

交通事故でよく聞くケガは「むちうち」です。むちうちの症状はさまざまで、痛みだけではありません。めまいや頭痛、不眠なども症状としてあげられます。痛みがないから大丈夫と思わず、体調に異変や不調を感じたらすぐに病院へ行きましょう。

イメージ

事故発生時の注意点!絶対にしてはいけないこと

現場で相手と示談をすることは厳禁です。
わたしが全部悪いので賠償します(全部払います)」など、その場で相手と不要な約束をしないようにしてください。「保険会社にすべて任せます」と伝えて、後の対応は保険会社に委ねましょう。

『自動車事故の対処法』の解説!まとめ

・動揺の中でも適切なフローを心がける!
・「ケガ人の救護」「警察への連絡」「安全確保」は事故当事者の義務!
・自分の身の安全や体調にも心がけを!
・現場で相手と示談をするのは厳禁!